Img_75628d8b17dfe8206dc75791a6112bab
4月10日奈良馬見丘陵公園にて
  くらしと保険 第343号(平成29年4月8日)マガジンID 0000120843


◎◎◎ はじめに ◎◎◎


今日は雨の中ですが、各地で「桜」が満開のようです。
明日の日曜日は「お花見日和」になるといいですね!


昨日衝撃のニュースが駆け巡りました。トランプ大統領がトマホークミサイル、59発
でシリアの軍事基地を空爆しました。

世界中に衝撃を与え、アサド政権寄りのロシアは猛反発(?)、日本政府は例によって
「理解できる」とやや遠慮勝ちに追従(?)。

確かにアサド政権が反政府地域を「サリンガス」で攻撃したとするなら、許される
ものではないけれど・・・・・・





「今日の話題」


 ◇ 生命保険の契約者を変更したときの税金は? ◇ 


  生命保険文化センター「メールマガジン vol.298(2017/2/9)より



●契約者を変更すると税金はどうなるの?

有効に継続している生命保険の契約者は、被保険者の同意や生命保険会社の承諾
を得ることなどで、いつでも変更することができます。
契約している期間の途中で、契約者を変更してもその時点で課税されることはあ
りませんが、契約者を変更したことにより、保険金を受け取る際に課税関係が変
わります。
例えば、契約者=夫、被保険者=妻、受取人=夫とした終身保険に加入し、その
後、契約者を夫から妻に変更した場合、死亡保険金を受け取る段階で次のように
課税されます。

<死亡保険金にかかる税金>
前契約者(夫)の負担した保険料に相当する部分⇒所得税(一時所得)、住民税
新契約者(妻)の負担した保険料に相当する部分⇒相続税


●契約者の変更後に解約した場合はどうなるの?

上の契約において、契約者の変更の手続きが完了した後に、新しく契約者となっ
た妻が契約を解約し、解約返戻金を受け取った場合は、実際に自分が負担した保
険料に相当する部分は所得税・住民税の課税対象、それ以外の部分は前契約者で
ある夫から贈与されたものとして、贈与税の課税対象となります。

<解約返戻金にかかる税金>
前契約者(夫)の負担した保険料に相当する部分⇒贈与税
新契約者(妻)の負担した保険料に相当する部分⇒所得税(一時所得)、住民税


●契約を変更した後に前の契約者が亡くなった場合は?

上の契約において、契約者変更の手続きが完了した後、被保険者である妻が亡く
なる前に、前の契約者である夫が亡くなった場合は、その時点で「生命保険契約
に関する権利」として評価された金額のうち、前の契約者である夫が負担した保
険料に相当する部分が相続税の課税対象となります。

<生命保険契約に関する権利の評価額>
相続開始時に解約するとした場合に受け取れる解約返戻金の金額が生命保険契約
に関する権利の評価額となります。


最新版の「生命保険と税金の知識」(B5判、カラー56ページ、1部100円・税込・
送料別)では、保険金や年金を受け取った場合の税金の具体的な計算事例やQ&
Aで生命保険と税金の関わりをわかりやすく解説しています。ぜひご一読くださ
い。

◇「生命保険と税金の知識」についてはこちら◇
 (Click!) 




────────────────────────────────────

「 花 」


山道や公園などで「山吹 (やまぶき)」の花の黄色が鮮やかです。

やまぶきは、薔薇(ばら)科の植物で、開花時期は、 4/ 1 ~ 4/末頃。
山の中に生え、 花の色が蕗(ふき)に似て金色で美しいことからこの名前に。

「やまぶきいろ」と呼ばれる鮮やかな黄色が特徴。
(白山吹もあるようですが・・)


 「春雨の 露のやどりを 吹く風に こぼれてにほふ 山吹の花」
 
                       (金槐和歌集 源実朝) 


 「ほろほろと 山吹散るか 滝の音」     (松尾芭蕉)




-------------------------------------------------------------------------

「スポーツ」

★プロ野球
    
 いよいよ開幕しました!
 待ちかねていた人には、長いペナントレースのスタートです。
   
 でも、最近の私には、試合時間の長さがちょっと気になり、仕合を通して最後まで
 見る事がなくなっています。


★ゴルフ

 マスターズがスタートしました。日本からは「松山」「池田」「谷原」の3人!

 特に世界ランク4位の「松山」には日本人初優勝の期待もも!

 初日は3人ともオーバーパーで苦戦、2日目以降の奮起に期待!
 


 
──────────────────────────────────────
▲▲▲あとがき▲▲▲
第343号(H29.4.8)をお届けしました。今号はいかがでしたか? 

花々が咲き競う季節です。天気が良ければ、外へ出て春の空気を思い切り、吸い込みたい
ものですよね・・・・

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする