Img_ceb7849204059172343c115ed3066679
奈良県馬見丘陵公園にて(2017.5.4)
 くらしと保険 第345号(平成29年5月6日)マガジンID 0000120843
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎◎◎ はじめに ◎◎◎


5月の連休も終盤。いかがお過ごしですか?
相変わらず水の事故や、山での遭難はあるものの、割と天候にも恵まれ、比較的
穏やかなGWのようにおもいますが・・・・・・

もっとも米国と北朝鮮の戦争の危機は日に日に高まっているようにもみえますが!



「今日の話題」


 ◇ 出生時両立支援助成金 ◇ 



この助成金は、男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取組
を行い、男性労 働者に一定の育児休業を取得させた事業主に助成するものです。

○支給対象

子の出生後8週間以内に開始する連続14日以上(中 小企業は連続5日以上)の
育児休業。

過去3年以内に男性の育児休業取得者が出ている事業主は対象外です。

○支給額

中小企業 取組及び育休1人目:60万円、2人目以降 :15万円

大企業 取組及び育休1人目:30万円、 2人目以降 :15万円



「平成29年度 両立支援等助成金のご案内」(厚生労働省ホームページより)

職業生活と家庭生活の両立支援や女性の活躍推進に取り組む事業主の皆さまへ

従業員の職業生活と家庭生活の両立を支援するための取組を実施した事業主等に
対して支給する助成金は、次の5種類があります。

1出生時両立支援コース
2介護離職防止支援コース
3育児休業等支援コース
4再雇用者評価処遇コース
5事業所内保育施設コース

女性の活躍推進に取り組む事業主への支援として、下記の助成金があります。

6女性活躍加速化コース

<ご注意ください>
これらの助成金の内容は、平成29年度途中に変更される場合があります。
申請総額が予算額を超過した場合や申請状況により予算額が不足することが
見込まれる場合は、予算の範囲内において支給します。
各コースの支給額のうち < >内は、生産性要件を満たした場合の支給額です。
詳しくは厚生労働省HP『生産性を向上させた企業は労働関係助成金が割増
されます』をご参照ください。
ここに記載されている事項以外にも詳細な要件が定められています。支給要領
や『支給申請の手引き』は4月以降に順次、厚生労働省ホームページ
 ( (Click!) )に掲載予定です。
 ※厚生労働省HP トップページから「両立支援等助成金」でサイト内検索


────────────────────────────────────

「 花 」


◎ なんじゃもんじゃの木  (一葉たご(ヒトツバタゴ))

珍しく「なんじゃもんじゃ」の花が咲いている時期にタイミングよく出くわし
ました。

(「たご」は「とねりこ」という木の方言名。「とねりこ」が羽状複葉であるのに
 対して、こちらが単葉であることから名づけられた)

木犀(もくせい)科、ヒトツバタゴ属の珍しい植物です。

開花時期は、 4/20 ~ 5/10頃。プロペラ型の白い花はすぐ散ってしまうので、
なかなかと花が見られない。

明治時代、東京の青山練兵場(今の明治神宮外苑)の道路沿いに、このなんじゃ
もんじゃの木があり、名前がわからなかったので「何の木じゃ?」とか呼ばれて
いるうちに、いつのまにか「なんじゃもんじゃ?」という変わった名前になって
しまったそうだ。

「なんじゃもんじゃの木」という名前の木は、いろいろあり、「くすのき」や
「あぶらちゃん」、「かつら」などに「なんじゃもんじゃの木」の名前がつけ
られている。(関東地方で多いらしい)。

ただ一般的に、よく知られているのは上記青山練兵場に植えてあったのと同じ、
「一葉(ひとつば)たご」と呼ぶ種類だということです。

 



-------------------------------------------------------------------------

「スポーツ」

★大相撲

 5月14日、夏場所(東京)が間近に迫った。今場所は「白鵬」が復帰して新横綱「稀勢ノ里」
 対モンゴル勢の3横綱との対決が興味深い。

 しかしながら「稀勢ノ里」のケガの具合はまだ十分でないようで、どうなるか、心配では
 あるけれど・・・・・・・
    
 
★サッカー

 2017年5月3日、味の素スタジアム。FC東京VSコンサドーレ札幌の後半66分。15歳の少年、
 「久保建英」はJ1トップチームデビューを飾った。

 少し身体は小さいが、物おじすることなくピッチを駆け回った。彼は「飛び級」でU-20の
 ワールドカップに出場が決まっている。楽しみです。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする